本園について

教育理念

豊かな人間性を育み、集団生活を通して社会性を育成する

人格形成の基礎である幼児期の特性を踏まえ、集団遊びをする中で協調性・自己主張や自己抑制、また他者を思いやることのできる子どもの育成に努めます。

教育目標

心身の健やかな成長を育む

 

  • 思いやりの気持ち、命を大切に思う心を育てる
  • (子どもの)自立を助ける
  • 挨拶をする
  • 好奇心を持ち、創意工夫する力を身につける
  • 自己肯定感を育てる
  • 感謝の心を持つ

園長挨拶

幼児期は、生涯にわたる人格と能力の基盤がつくられる時期です。
この時期の教育は子ども達の人格と能力を育むのに最も効果的であると言えます。

相模幼稚園では子ども達が心身共に健康に、集団の中でも個人が輝きながら、その可能性を伸ばす教育に取り組んでいます。

本園では「遊びを通して学ぶ」「子どもの自発的な興味を伸ばす」を教育方針に、いろいろな物事に興味をもつ機会を多く与えることで、自主性を重んじたり、それぞれの個性を大切に育てる教育を行っています。
そのため教員はできるだけ手を貸さず、子ども達の自発的な活動を援助するように努めています。子どもに任せることで子どもは失敗したり困惑したりしますが、自分なりの学びを得て次の行動を起こしたり、リスクを予測するようになり、自立へと繋がります。

子ども達の遊びは生活であり、学習であると言われています。幼児期の子どもにとって、様々な事を学ぶことが、かけがえのない体験なのです。子ども達は遊びの中で社会性を養い、ルールを守ったり、自己主張や自己抑制など、これからの人生において大切なことを学びます。
近年、社会性・忍耐力・意欲・創造力などといった「非認知能力」が注目されていますが、これらは自発的な活動としての遊びの中で育ちます。
また、幼児期にこれらの「非認知能力」を身に付けておくことが生きる力を育むことであり、将来の成功や安定に繋がるとも言われています。

子ども達が、自らの身体で感じ得たものが今後の彼らの人生を左右すると考え、当園では七夕集会・芋掘り・クリスマス会・豆まきなど季節の行事や、親子遠足・消防署見学・運動会など様々な経験をもつ機会を設けています。
また、幼児期の生活環境・対人関係・遊びの量・質は、後の成長において大きな影響を及ぼすと考え、楽しみながら幼稚園生活を送れるよう環境を整えています。

幼稚園は子ども達にとって、初めての集団生活の場です。
集団生活において子ども達に皆で何かをやり遂げることの喜びやたくさんの経験の機会を与えることは子ども達の関心を豊かにしていきます。その中で規律・挨拶・感謝の心をもつといった、人として大切なことへの教育行っています。

楽しいこと・嬉しいこと・時には嫌なことや悔しいことも経験するでしょう。それら一つひとつが子どもの身になり、生涯にわたる学びの基礎を培うと考えています。子ども達がその後の人生において、どのように社会参加をしていくかにも繋がります。

幼児期に一番大切なことは親子関係です。
子ども達の健やかな成長には家庭と園との連携が欠かせません。
親と園が同じ方向を向いていける環境作りを心掛け、保護者の皆様と協力体制をとり、教育の充実に努めています。

3年間を通し、子ども達にも保護者の方にも園にとっても有意義なものにしたいと考えています。

保護者の皆様、地域の皆様のご協力とご支援を賜りますよう、お願いいたします。

保護者の皆様

集団生活、また遊びの中において、時にはケガや痛い思いをしたり、お友達とケンカをしたりすることもあると思います。

保護者の皆様がお子様を心配に思われる気持ちも分かりますが、子ども達はこれらを経験することで大きな危険回避する能力や、お友達とケンカをした時の修復方法など、人間関係を学びます。
当園では、子ども達の命と安全を大切にしながらも、子どもにケガはつきものであり、またその経験から得るものは大きいと考えています。

尚、お子様がケガをした際は、そうなった状況や経緯などを分かる範囲でお伝えするようにしています。
ご理解くださいますようお願いいたします。