幼稚園での生活

幼稚園での生活

 

1日の流れ

開門 午前8時30分
降園 月・火・木・金・第二水・第四水は一日保育(午後2時)、その他の水は半日保育(午前11時) (季節、その他の理由で変更がある場合はお知らせします。)
昼食 火曜日、木曜日は給食
その他の日はお弁当
(希望によりパンの注文ができます。)
預かり保育 保育終了後、一日保育の日は、午後5時まで預かります。
半日保育の日は、午後2時まで預かります。
体育指導
英語あそび
専任講師により、年中・年長児は週一回実施
課外教室 保育終了後、体育・剣道があります

年間行事

4月 ・入園式
・組別保護者懇親会
10月 ・いも掘り
・園外保育
5月 ・誕生会
・消防署見学
11月 ・誕生会
・作品展
6月 ・保育参観
・遠足
12月 ・クリスマスの集い
・発表会
7月 ・個人面談
・誕生会
・七夕の集い
・幼児交通安全教室
1月 ・保育参観
・誕生会
8月 ・夏期保育 2月 ・豆まき
・お店屋さんごっこ
9月 ・防災訓練
・運動会
・誕生会
3月 ・お別れ会
・誕生会
・卒園式

正課

正課英会話

吸収力が抜群といわれる幼児期に英語を学ぶことには、様々なメリットがあります。その一つが好奇心です。

外国語やネイティブの先生を前に緊張する大人も多いと思いますが、子ども達は溢れる好奇心で外国語も興味の一つとして積極的な学びを見せます。また、幼児期の聴覚は繊細で、大人では聞きとれない微妙な発音の違いも聞き分けることが出来ると云われています。

当園では「生きた英語を学ぶ」を基本に、ネイティブの先生が指導を行っています。

正課体育

幼児期は発育の基礎となる大切な時期です。例えば、運動神経は幼児期にその約80%が完成すると云われています。

この時期に養われた運動神経をベースとして生涯運動に取り組むことになるため、幼児期には様々な動きで運動神経を刺激してあげる事が大切になります。

正課体育では、「体を強くする」「運動機能を高める」「心を育む」「脳を刺激する」この4点を基本に据え、生涯に渡って運動を楽しむ基盤作りを行います。

kits

kits

2017年3月に文部科学省が告示した新学習指導要領に記載の通り、「ICTを活用した学習活動の充実」を図ることや、2020年から「小学校におけるプログラミング教育」が必須となりました。

本園では今年度から年長園児を対象に、iPadなどのICTを活用した幼児向けのカリキュラムを導入し、創造性や協調性を育みつつ、プログラミング教育をスムーズに受け入れられる思考力を養ってまいります。

預かり保育について

利用料金

一日保育時 14:00~17:00 500円 15時30分からおやつを食べます。
料金におやつ代が含まれます。
半日保育時 11:00~14:00 500円 12時30分からお弁当を食べます。
12時30分以降もご利用の場合、お弁当を持参してください。
料金におやつ代は含まれません。

課外

課外体育(体育教室)

正課体育で運動に興味を持った子ども達の、"もっと運動がしたい""もっと上手になりたい"という気持ちに応える形で体育教室が存在します。

運動の向上はもちろん、正課体育よりも専門的な分野に挑戦し、その問題を克服していく過程で「心の強さ」が育ちます。普段と変わらない環境(場所・仲間・先生)で取り組むことができるのは、子ども達にとって大きな安心材料です。また、小学校体育での活躍にも繋がります。

課外剣道(剣道教室)

剣道教室では、稽古を通じて挨拶・ルールの大切さを学びます。剣道には『交剣知愛』という言葉があります。

意味は"剣を交えて愛を知る"です。

仲間と剣を通して切磋琢磨し、相手の痛みを理解することで相手の存在を尊び、時に強く、思いやりのある人間を形成します。